アニメ虎の巻の実写写真からの脱却が必要では?

コミックスクリプトの実写フィルムがすごく増えたと思いませんか?
フィルム館に行けば、上映やるフィルムの品数の内、2,3図書はコミックをスクリプトとした実写フィルムになっています。
ただ、こういうコミックスクリプトの実写フィルムは果してどれほど需要があるのでしょうか。
古くドラゴンボールやルパン三業界といった過去の名作が実写フィルム化されましたが、ちっとも呼び物が上がらずに品数から消えていうような気がします。
私のそばでも、こういうコミックスクリプトの実写フィルムを見た人間はほとんどいませんでした。
しかし、今でもコミックスクリプトの実写フィルムがリリースされているのはどうしたことでしょうか。
恐らく、コミックスクリプトだともう講話が固まっているため、フィルムクリエイター陣営が組合せら有益をもらえることが考えられます。
また、スクリプトの気違いの人間が常連として来ることも想定しているのだと思います。
しかし、これはスクリプト気違いをやたら軽視した振る舞いであることは明らかです。
このままではコミックスクリプトのフィルムどころか、フィルム収支がこの程度なのかと思われてしまう危険性があります。
耐え難い世の中だからこそ、敢然とフィルムらしきフィルムを作ってほしいものです。